ミャンマー 300g(150g×2袋) 中深煎り 【ポスト便】
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

ミャンマー 300g(150g×2袋) 中深煎り 【ポスト便】

¥1,830 税込

送料についてはこちら

  • 中挽き

  • 豆のまま

■ご注文いただきましてから5営業日以内に発送手続きを行います。 着日や時間の指定がありましたらご注文時に備考欄にて、6日目以降で指示ください。 【ポスト便での発送です】 複数ご注文の場合は送料変わらず宅配便にて発送いたします 「水の時計」のコーヒー 【ミャンマー】です。 ■レギュラーコーヒー ■内容量  150g × 2袋 ■原材料  コーヒー豆 ■生豆原産国名   ミャンマー (セイザン) ■保存方法  直射日光を避け常温で保存    ミャンマー 星山 Moe Htet農園 日本ではまだ珍しいミャンマー産のコーヒーですが、実は2016年アメリカ・アトランタで行われたSCAAエキスポ(品評会)で高評価を受けていて世界中から注目される生産国となっています。 製造産地はミャンマー北東部、シャン州ユワーガンとマンダレー州ピンウーリンがミャンマーのスペシャリティコーヒーの一大生産地です。 意外と歴史は古くミャンマーにコーヒーが入ってきたのは100年以上前、宣教師によってもたらされたと言われています。その頃は何処のアジア隣国も同じですがロブスタ種の粗悪な豆しか栽培されていませんでした。 しかし、1996年から政府主導によるコーヒー生産が始まり、品質の高いアラビカ種のコーヒー豆の栽培が開始されました。 まだまだ現地ではコーヒーを嗜好品として楽しむ文化は浸透しきれていませんが、栽培適地であり味わい深いコーヒーの発信地として期待されています。 星山(セイザン)は、ミャンマーの星空に輝く星々のように輝いてほしいという願いと、これからのミャンマーコーヒーを担っていく一番星になってほしいという思いから名づけられたそうです。 味わいはとてもなめらか。ひとくち口に含むとしっかり感じるのは、ふくよかな甘さでこのフルーティ感がクリーンな後味の中にも甘味の余韻が長く続く異国情緒漂うコーヒーです。